つみきのいえ

新しい絵本を店に置きました。
先日、短編アニメーション部門でアカデミー賞を受賞した、加藤久仁生さん作の絵本版です。
image04.jpg
http://www.robot.co.jp/tsumiki/
<あらすじ>
海に浮かぶように建っている、まるで「積み木」のような家。海面がどんどん上がってくるので、上へ上へと家を「建て増し」続けてきたからです。そんな家にひとりで住んでいる頑固な老人の家族との思い出の物語。
ふとしたことで甦る「思い出」にハッとすること、私も最近経験しました。
「今」をどう過ごすか、に価値をおいていた自分でしたが、昔と今と未来と、その大切なつながりを感じた絵本です。
ぜひ一読下さい♪

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL