まちるむ を振り返り。

■まちるむ (2010.2.11)
先週開催されたまちるむイベント。朝から5グループが下館の魅力を撮影し、夜、アルテリオ、太陽と月の珈琲、二葉カフェで上映が行われました。
a051.jpg
予想以上に編集作業がかかり、予定より1時間遅れること、19時からスタートされました。
色んな人の受け止め方があったかと思います。個人的には、上映後、トリチャーシューと下館ラーメンの話がお客さんの間であがり、やんややんや話が広がったことで、まずは企画が成功したように思います。
プロデューサーの高橋君は、下館を元気にしたい!との思いから企画をたちあげ、色んな方とつながり、協力を仰ぎ、当日のイベントにつながりました。
元気にするには…のとっかかりとして、まずどんな小さな事でもいいからい下館を思う、感じる。その第一歩はしっかりと踏み出したように思います。
まちるむイベントとして、下館を舞台にしたショートフィルムが夏に公開されます。
下記から予告編をご覧になることができます。
「Ching Tang」予告編

▼あらすじ▼
茨城県の下館で生まれたリョウは、東京の大学へ進学していた。時々地元へ帰っていたリ ョウは、目に見えて過疎化が進む下館の現状を目の当たりにする。しもだてを動かしたい 。そう思うようになったリョウは仲間を集めて映画製作を計画する。
夏の上映会までお楽しみに!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL