OZ magazine 7月号 かわいい電車の旅

ローカル線の旅、したことありますか?
先日発売されたOZmagazine7月号の特集は、ローカル線の旅にスポットあて、われらが真岡鐵道沿線のお店の1つとして当店も掲載されました。
a075.jpg
何度かイベントでお世話になった太陽と月の珈琲さんも同じページにあり、なんともうれしい掲載となりました。
電車の旅。
振り返って思い出すのは、青春どまん中の大学3年の夏休み、青春18切符で青春を味わうべく九州をまわった一人旅。
電車待ちの間、キヲスクでなにげに手にした1冊の本がその旅を楽しく幸せなもの変えました。
 「幸福らしきもの」 原田宗典
足元にある小さな幸せを、笑いを交えて綴っていくエッセイ集でした。
電車に揺られ1人ニヤニヤしながら読みふけり、立ち寄る街で原田さんの本を買いあさり、最終的には15、6冊の荷物を増やし家に戻りました。
のんびり時間を楽しみたい時、疲れでどんよりしてる時、そして旅に出る時、何度も読み返す一冊です。
今回の雑誌の表紙に、「1時間に1本なら 1時間、自由です」との言葉があります。
先を急がない鈍行での旅だからこそ、あの時原田さんの本に出会うことができました。
忙しい日々を過ごしてる方、自由を楽しむ電車の旅をおすすめいたします!

この投稿へのコメント

  1. まさ said on 2010年6月20日 at 10:36 PM

    私も青春18きっぷ 高校卒業旅行時に初?使用しました。
    同じ部活の友達4人と金沢までひたすら普通列車。
    下館~金沢まで14時間かかりました。(大垣経由)
    東京発23時○○分
    こんな時間の電車乗る人なんていないよねぇ~と思っていたら
    山登りの集団がわんさか。
    え~座れないの???何時間????
    そんな困っている私たちを見かねた山男さんたちが
    ワンボックス譲ってくれました、自分たちはリュックの上に
    座るからと・・・・
    あ~懐かしい!!
    何年?何十年?前???

  2. マスター said on 2010年6月23日 at 8:55 AM

    まささん、コメントありがとうございます。
    山男さんが譲ってくれたなんて、いいお話ですね~。
    14時間の乗車とは、やはり若さゆえのパワーのなせる旅ですね^^
    今となっては青春18切符で長旅をすることが難しくなりましたが、電車に乗る機会を作り、のんびりタイムを楽しむようにしています!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL