謎のストロガノフ。


この時期だけのビーフストロガノフ。

旬のレンコンと一緒に。

思い返せば、中学生の頃に読んだマンガで、そこで初めて「ビーフストロガノフ」という名前を聞きました。

ビーフって事は、牛肉なんだな、すとろ?ガ?がノフ?? どんな味?何料理?と、当時の自分には??だらけ。

いつか食べてみたい、あのマンガの主人公のようにいつか作ってみたい、そんな気持ちがありました。

そして、それから十数年後、二葉カフェ時代に自分好みのビーフストロガノフをお出しする事ができました。牛肉とブランデーのコクがありながらサワークリームで後味サッパリに。

二葉じかんになってからは、レンコン入りのアレンジで。

年を重ねるって、これだから面白い。

今日の賄いは、これを食べようかなぁ。