大雪の日

CIMG5281.JPG
茨城では20センチも積もったところがあるとか、土曜日の雪はびっくりしました。昨年の冬は夏のシドニーにいたため、骨身にしみる日本の冬を、今年は十分に楽しんでいます。
写真は外部にある看板です。実はこの板、寿司の『げた』なんです。寿司や刺身を盛っていたもので、彫刻刀で自分で彫り、色を塗りました。


寿司屋をカフェに変身させるなんてのは、なかなかレアなことで、その記憶を残しつつ新しく生まれ変わるという設計のコンセプト通り、店内のいたるところに寿司屋の面影が残っています。あるものはそのまま使い、あるものは別の形で使われたり。そういった小さなアイディアにお客様が気づいてくださった時は、キター!!と心の中で叫んでます。昔からのお客様の多くは、感慨深げに見渡し、ほとんどの方が喜んでくださります。うれしいなぁぁぁ。

この投稿へのコメント

  1. hisa said on 2006年1月26日 at 12:33 AM

    写真がいいかんじだね。風情があるというか。
    雪の白いのとお店の壁の白いのがあってる。
    ちょっと看板がさむそうだ。

  2. マスター said on 2006年1月26日 at 5:26 PM

    >hisaさん
    雪が降った日は、いろんなHPやブログで雪景色の写真を見かけます。アップされた写真はとても良い感じなのですが、撮っている最中は極寒で。そんな苦労を後ろに見てしまうのは、やはり自分も寒かったから。
    お褒めの言葉、ありがとうございます。がんばったかいがありました^^

  3. あらいっち said on 2006年1月27日 at 8:41 AM

    手作り看板だったんですね~。
    すごく味のある看板で「ステキだよね~」って友達と話をしていました。
    それに出入り口のところにある棚にハンコがありますよね?
    あれもマスターの手作りなのかな?
    可愛い~!!いつも、色がつかないけど、こっそり押して遊んでました(^^;)

  4. とん said on 2006年1月27日 at 9:23 PM

    東京も吹き溜まりには10cmくらいは積もったと思います。雪がやむのは茨城の方が2時間ぐらい早かったらしいですね。こちらは夜9時ごろにやんだんですよ!看板、大きいですね!これに寿司や刺身が乗っかっていたとは随分と迫力があったんですね!「二葉」と彫ってしまうところ、マスターらしくて◎です!メニューも器ですよね!(って、マスターに直接聞いたんですけど。笑。)

  5. マスター said on 2006年1月27日 at 11:11 PM

    >あらいっちさん
    そうだったんですかぁ!?実はあのケシゴムはお客様からのプレゼントなんです。あまりにもかわいらしくて、テーブルの上に置いているお店の案内カードにはんこ押しました。うれしいサプライスでした!

  6. マスター said on 2006年1月27日 at 11:18 PM

    >とんさん
    東京も積もったんですね。駐車場は建物の影になり、まだ雪が残っているんですよ。
    茨城に帰った時は、またぜひお寄り下さい。お待ちしてます!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL