そうか!!


二葉寿司の頃。

炊き上がった熱々のごはんに、父親が味付けしたすし酢を合わせ、大きなしゃもじで母がシャリを切る。

小さかった自分は、ウチワであおいですし飯を冷ます。

最初は鼻にツンとくるすし酢。

ごはんに酢が馴染んでくると、少しずつ甘くてやわらかな酸っぱい匂いに変わってきます。

子供の頃は、おやつがわりに、この出来立てのシャリを食べるのが大好きでした。

そうなんです。

うちの自家製ピクルスは、あのシャリのすし酢の味に近いんです。

レシピはあれど、自然とあの味に寄せてる事に気付きました。

そういえば、二葉カフェ時代、お客様にこんな言葉をいただきました。

「味覚ってのは、小さい頃食べてきたもでできたもの。ご両親に感謝ですねー。」

当時は、なんとなく理解したようなつもりでしたが、先日ピクルスの仕込みをしてて、この事か、ってハッとさせられました。

梅雨時期特有の、天気が不安定な毎日。

酸っぱいもので、体をすっきりさせてみるのはいかがでしょう?