思い出のカウンター。

30年ほど前、

二葉寿司のリニューアルオープンを機に父が買ってきた、ネタケース、檜の一枚カウンター一体型の寿司店専用の特別な冷蔵庫、

とうとう寿命がきました。

改装工事が終わる頃に、見本市で父が一目惚れして勢いで買ってきたもの。 あまりの大きさに、せっかく作った新しいお店の玄関を一度解体して納品したという、ある意味思い出のもの。

財布を預かる母もあまりの高額にビックリしたそうです。

魚が卸せる幅広のシンク、横にスライドできる寿司シャリ棚、シャワー洗浄できるネタケースなどがついていて、

寿司職人にとっては、合体スーパーロボのような、夢のカウンターに見えたのではないでしょうか。

改良を重ね、

二葉カフェ、二葉ごはん、と三代に渡って使ってきました。

冷蔵庫は新しいものに変わりますが、記憶のつまった檜のカウンターは、なんとかそのままま使えるようにと大工さんにお願いしました。

二葉ごはんは

7/17土曜日から再オープンスタート、

二葉じかんは

7/16金 17土 11:30-21:00open

の予定です。

大事に磨いて、これからも皆様のお食事をお出ししていきます。

父も喜んでくれていると嬉しいです。

この記事を書いた人