思い出の南インド。

2016年、インド疲れにヘキヘキして2度と行くか!と帰国後もらしてたはずが、2018年に再びインドを訪れる事に。(あのクセが恋しくなったのでしょう。)

ベタに旅番組の影響を受け、南インド料理を食べに、ケララ州のコーチンという街。

クラクションも、客引きも、暴走テュクテュクも、値段のふっかけも、北インドに比べればまぁ少なく、なんと旅しやすい街!に感じてしまうのも北インドで心身疲れてしまった記憶のおかげ。

テレビで紹介されたとあるホテルのカレーを食べるのが目的で、
スパイスと酸味と辛味のバランスが本当に絶妙で、ローカル感もあり、今まで食べた事のない!味で、うましでした!

スパイス屋さんでスタッフさんとバトッたり、アラビア海から夕陽を眺めたり、サモサとラッシーのマリアージュに感動したり、今でもあの匂いや空気感が鮮明に甦ります。

海外旅行が解禁になったら、3回目のインドに行ってしまいそう。

じかんのバターチキンカレーは、クセもマイルドに、でも癖になる後味でファンの多いメニューです。香ばしい自家製タンドリーチキンをバターのルーで煮込み、仕上げの最後に入れるカスリメティというスパイスが味に複雑さをプラスします。
店内でもお弁当でも冷凍パックカレーでも、南インドの思い出の味、ぜひお楽しみ下さい。

この記事を書いた人