好みにできました。

お待たせしました。
紅玉のアップルパイ、スタートです。

二葉カフェ時代からすると、もう13、4年続いてる冬の定番スイーツです。ですが、これほど毎年ブラッシュアップされてきたスイーツは珍しいかもしれません。

ガトーショコラもほぼ同じ年月たちますが、最初のレシピから変わらず焼き続けています。

が、アップルパイは、こうしたらもっと美味しいかな、こうしたらもっと好みかな、と少しずつ作り方が変化してきました。

パイと、リンゴ煮。

それだけのシンプルな組み合わせゆえに、パイのさっくり感やリンゴのキャラメル煮とシナモンのバランスなど、なかなか自分好みを探すのが難しいアップルパイ。

試食を兼ねて食べた今年のアップルパイ、
あー、満足、の一言でした。

テイクアウトはカット¥480とホール¥3200(ホールは要予約です。)イートインでは、オーブンで温め直したさっくりパイに、冷え冷えのバニラアイスを添えて。

紅玉が入荷できる間だけの、季節限定メニューです。
味わなきゃ損!ですよ!

この記事を書いた人