いばらき ゆたりなカフェ手帖

茨城新聞社さんから「いばらき ゆたりなカフェ手帖 吉川永里子著」が出版されました。
yutarinacafe_main2.jpg
当店も取材をいただき、掲載されております。
吉川さんからの本のご紹介
「いばらき ゆたりなカフェ手帖」では、茨城にある暮らしに溶け込んだすてきなカフェをたくさん掲載しています。本書を手に、あなただけのしあわせなカフェ時間が訪れることを願っております。
地元でまだまだカフェが認知されていなかったオープン当初からすると、いばらきのカフェ本が出るなんて、想像もしていなかったことです。
それぞれのオーナーさんの個性とこだわりと、そして愛情がたっぷりつまったお店が、このいばらきにこんなにあるんだなぁ…と、とても感慨深い気持ちになります。
先日、カフェをテーマに卒業論文を書いているという大学生の女の子から、カフェと地元の活性化のつながりについて質問されました。
カフェから町おこし!!という熱い野望とは違うのですが、例えば二葉カフェをきっかけとして、色んな方たちに色んなアクションが生まれたら素敵だな、と思います。その結果として、魅力ある方たちが地元から発信されるとしたら活性化ともいえなくないかな?なんてことをぼんやりお話しました。
この本をきっかけに、それまでのライフスタイルに少しでも変化が起きたとしたらうれしいですね♪

この投稿へのコメント

  1. 永里子 said on 2009年12月17日 at 10:58 PM

    お久しぶりです!
    卒業論文にカフェの話題とは、素敵ですね。
    そして質問される二葉さんは、地域に根付いたカフェということですね。
    私も本を通してもっともっとカフェの世界を伝えて行ければいいな、と思います!

  2. マスター said on 2009年12月18日 at 11:46 PM

    永里子さん、コメントありがとうございます。
    この本でカフェを知った人、知らなかったお店に気づいた人、たくさんいるかと思います。
    カフェの世界を楽しむ人、増えるといいですね~^^

  3. マスター said on 2009年12月18日 at 11:46 PM

    永里子さん、コメントありがとうございます。
    この本でカフェを知った人、知らなかったお店に気づいた人、たくさんいるかと思います。
    カフェの世界を楽しむ人、増えるといいですね~^^

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL