ひき続きまちるむ。

茨城・筑西での自主制作映画「ching tang(ちんぐたんぐ)」上映会
&しもだてを、筑西を、茨城を語ろう。「しもだてワールドカフェ」
会場:しもだて地域交流センター アルテリオ
    1F 集会室 (最寄り:水戸線下館駅)
    〒308-0031 茨城県筑西市丙372
時間:13:30上映開始 17:00終了(予定)
料金:500円(小学生以下無料)
——————————
映画と、
まちづくりに、
物申す。
——————————
9/26 13:30~17:00
1day 500yen
@しもだて美術館アルテリオ 1F 集会室
■タイムテーブル
13:30~14:30
茨城県窶「筑西市を舞台とした自主制作映画『Ching tang』(ちんぐたんぐ)上映会
&
14:50~16:30
しもだてを、筑西を、茨城を語ろう。『しもだてワールドカフェ』
&
16:30~17:00
自由交流
実は、茨城は映画窶「ドラマなどのロケ地として
全国で一番使われている県です。確かに、
下妻物語やhazanなど身近に数々の作品が生まれ
全国で、また世界で評価されています。
しかし、それが住民にとって
身近な価値を生み出しているかといえば、
必ずしもそういえないのではないのでしょうか。
公開直後の話題のみで、後は過ぎ去った過去のもの。
せっかくなんだから、全部僕らにとっての
価値として使わせてもらったらどうでしょう?
そう考えれば、このまちでいろいろなことが
できそうだとおもうんです。
みんなで、これからのしもだてを、筑西を、茨城を考えてみませんか?
・ワールド・カフェとは
「知識や知恵は、機能的な会議室の中で
生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い
自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』
のような空間でこそ創発される」という考え方ではじまった
新しいスタイルの話し合いです。
▼あらすじ▼
茨城県の下館で生まれたリョウは、東京の大学へ進学していた。
時々地元へ帰っていたリョウは、目に見えて過疎化が進む
下館の現状を目の当たりにする。
しもだてを動かしたい。
そう思うようになったリョウは仲間を集めて映画製作を計画する。
▼出演▼
石野理央/鴛海友輔/稲永理矩/花岡彩/中島唱太
▼スタッフ▼
監督:横田裕昌
撮影:上田誠
助監:関田諒
音声:高橋遼
スク:中茎優子
編集:中島唱太
音楽:松室政哉/頼信宏
■お問い合わせ
しもだて映画プロジェクト代表  高橋 遼  
mail : izu.ryo3@gmail.com
tel : 080-1196-2418

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL