春をつくる


世界から見た日本人は、NOといえない、主張しない、とネガティブな印象をもたれることもありますが、逆にいえば、周りを察知する、和をつくる、空気を読む、が強みでもあるなぁ…と、渡豪時代感じました。 
四季折々を感じる、感じられることも、日本人の特性の一要因では、と。
季節毎の変化や気配を察知し、順応する資質があるような気がします。
一年を通して料理が楽しい季節といえば、僕は「変わり目」でしょうか。
春スイーツ「さくらのシフォンケーキ」楽しくつくっています。
sifon.jpg

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL